先頭へ戻る

遺言・相続・借金(債務整理)・会社設立(会社登記)、お気軽にご相談下さい。
大分県司法書士会

その契約を取り消せます!

「だまされた!」 あなたはその契約を取り消せます! (消費者契約法)

消費者契約法

2001年 4月から、消費者契約法が施行されました。現代は複雑な契約社会です。私たち消費者が事業者と結ぶ契約は、お互いに対等な契約といえるでしょうか? 事業者は豊富で専門的な知識をもっています。これに対して私たち消費者は、内容を充分に理解した上で契約を結んでいるのでしょうか?

消費者契約法の内容

この法律は、消費者と事業者との間のあらゆる契約に適用されます。(ただし。労働契約は除きます)

契約の取り消しが認められる事例

  • 消費者に嘘の説明をする=不実告知
  • 不都合な事実を故意に説明しない=不利益事実の不告知
  • 訪問販売で、契約するまで居座る=不退去
  • 事業所に呼びつけて、契約するまで帰さない=退去妨害
  • 「必ず値上がりします」などと説明する=断定的表現

具体的な例

  • 「仕事を必ず紹介します。最低月○万円の収入になります」と約束しながら紹介せず、高額のパソコンを売りつける。
  • インターネットの接続業者に「加入すると無料でパソコンがもらえる」と説明されたが、「3年未満で解約すると違約金を支払わなければならない」ことは教えられなかった。
  • 自宅に来たセールスマンが、契約するまで居座る。
  • 「この株は絶対値上がりします」と説明する。

契約が無効と規定される条項

  • 事業者の責任をすべて免除する条項
  • 不当に高い違約金を定めた条項
  • 消費者が支払うべき損害賠償額を事前に定めた条項
  • 消費者の利益を一方的に害する条項

具体的な例

  • 「いかなる理由があっても、一切の責任を負いません」とする条項
  • 不当に高いキャンセル料を定める条項
  • 「いかなる場合も、一切解約には応じません」とする条項

お知らせ

消費者契約法に関する小冊子を差し上げます。 ご希望の方は返信用切手130円を同封の上、大分県司法書士会までお申し込みください。
大分県司法書士会
TEL. 097-532-7579
FAX. 097-532-3560
〒870-0045
大分市城崎町 2-3-10